季刊 atプラス

atプラス32(吉川浩満编集协力)

季刊 atプラス

事象を原理と歴史から読み解く「思想」と、
个々人の自立と协同から生み出される「活动」に焦点をあてる。
考えながら行动し、行动しながら考えるひとのための雑志。
【お知らせ】现在、定期刊行志および电子书籍版「atプラス」は休刊中です。

『atプラス』电子书籍版の月额読み放题サービス

新着 RSS

カテゴリ

インタビュー | 寄稿 | 対谈 | 编集部から

タグ

#大塚英志 | #ブレイディみかこ | #猪熊弘子 | #SEALDs | #上野千鹤子 | #大塚英志 | #岸政彦 | #星野博美

记事リスト

2018.04.13 【寄稿】 连载第5回:柳田国男で読む主権者教育 『北小浦民俗志』を読む/柳田国男はなぜSNS型データベースを作ったか 大塚英志

【寄稿】连载第5回:柳田国男で読む主権者教育
365棋牌爆分图片 『北小浦民俗志』を読む/柳田国男はなぜSNS型データベースを作ったか ※柳田国男『北小浦民俗志』(昭和二四年、三省堂)の抜粋を、当记事最後部に掲载しています。 大塚英志『感情化する社会』365bet赌博_365bet体育在线世界杯_365bet体育在线马报出版 柳田国男『郷土生活の研究法』Kindle版  今回は「歴史とは何か」につ…つづきを読む

2017.10.16 【寄稿】 番外编〈选挙に向けて〉:柳田国男で読む主権者教育 大塚英志

【寄稿】番外编〈选挙に向けて〉:柳田国男で読む主権者教育
番外编〈选挙に向けて〉 大塚英志『感情化する社会』365bet赌博_365bet体育在线世界杯_365bet体育在线马报出版 柳田国男『明治大正史 世相篇 新装版』(讲谈社学术文库)  今回の选挙、弃権を呼びかける「运动」もあるようです。  弃権も「民意」だという意味なのか、あるいは民主主义システムの机能不全ぶりを露にする「批评」的営为なのかは、ぼくに…つづきを読む

2017.05.26 【寄稿】 连载第4回:柳田国男で読む主権者教育 「祭礼と世间」を読む/柳田国男の「群衆」论 大塚英志

【寄稿】连载第4回:柳田国男で読む主権者教育
「祭礼と世间」を読む/柳田国男の「群衆」论 ※柳田国男「祭礼と世间」の抜粋を、当记事最後部に掲载しています。 大塚英志『感情化する社会』365bet赌博_365bet体育在线世界杯_365bet体育在线马报出版 ピーター?ミラー『群れのルール 群衆の叡智を贤く活用する方法』东洋経済新报社  ボイド(Boids)と呼ばれるCG用のプロ…つづきを読む

2017.04.18 【寄稿】 连载第3回:柳田国男で読む主権者教育 「世间话の研究」を読む/柳田国男の「フェイクニュース」论  大塚英志

【寄稿】连载第3回:柳田国男で読む主権者教育
「世间话の研究」を読む/柳田国男の「フェイクニュース」论 ※柳田国男「世间话の研究」の抜粋を、当记事最後部に掲载しています。 大塚英志『感情化する社会』365bet赌博_365bet体育在线世界杯_365bet体育在线马报出版  柳田国男の昭和6年の论文に「世间话の研究」がある。  「世间话」は80年代に流行した都市伝説に対応する民俗学の侧の术语として理解されが…つづきを読む

2017.02.10 【寄稿】 连载第2回:柳田国男で読む主権者教育 『郷土生活の研究法』を読む/内省する社会 大塚英志

【寄稿】连载第2回:柳田国男で読む主権者教育
柳田国男『郷土生活の研究法』岩波文库 大塚英志『感情化する社会』365bet赌博_365bet体育在线世界杯_365bet体育在线马报出版 『郷土生活の研究法』を読む/内省する社会  柳田国男は自分の学问を规定する时、好んで「反省」や「内省」ということばを使う。「自己内部の省察」という言い方もするが、意味は同じだ。自分らのあり方を省察するという意味で…つづきを読む

2016.12.01 【寄稿】 连载第1回:柳田国男で読む主権者教育 『青年と学问』を読む/柳田国男と日本国宪法 大塚英志

【寄稿】连载第1回:柳田国男で読む主権者教育
民俗学者として一般に知られる柳田国男は、その晩年である1960年5月、公的な场(といってもそれは彼が多感な少年期を过ごした村からそう远くない场所での小さな集まりだった)で「日本民俗学の退廃を悲しむ」と题する讲演をおこなったとされている。柳田の「最终讲演」として语られるものである。実际にはこの後も小さな集まりで话をした记録は残っているが、その题名か…つづきを読む

2016.11.10 【寄稿】 连载予告:柳田国男で読む主権者教育 トランプの胜利と感情化する世界 大塚英志

【寄稿】连载予告:柳田国男で読む主権者教育
ぼくは近着『感情化する社会』の中で以下のように记した。 现在の日本において、左派の立场から言えば、安倍政権や日本会议が北米のティーパーティーやヨーロッパの极右政党に相当する反知性主义的な政治势力だ、という见立てはおそらく间违ってはいないだろう。しかし、イギリスのEU离脱が国民投票で実现し、その结果にEUからの独立を诉えた政治家たちがうろたえ、トラ…つづきを読む

2016.07.08 【対谈】 上野千鹤子(社会学者)×福田和香子、奥田爱基、牛田悦正(SEALDs) 対话 SEALDs×上野千鹤子

【対谈】上野千鹤子(社会学者)×福田和香子、奥田爱基、牛田悦正(SEALDs) 対话
现在、参议院议员选挙において、自民党をはじめとするいわゆる改宪势力が目指す3分の2以上の议席确保を阻止するべく、8月の解散までのラスト?スパートとして选挙运动を行っているSEALDs。あるいは、彼らが闘っているのは、无関心という形で改宪势力を後押ししてしまっている世间の〝空気?なのかもしれない。日本社会を覆う空気について、SEALDsのメンバーで…つづきを読む
『atプラス』电子书籍版の月额読み放题サービス